●●●●

小学校1年生の女の子ですが、上の真ん中の歯に隙間があります。
このまま放っておいて良いのでしょうか?

よく質問されます。上唇小帯というスジが歯と歯の間に入っていて、隙間を閉じる
事ができないのが原因だと考えられます。左右の横の歯(側切歯)が生えかけた時
点で隙間があるようなら、小帯切除の手術をしたほうが良いでしょう。なお、隙間
に過剰な歯が埋まっているときがありますのでレントゲン撮影は不可欠です。まず
は、歯科医院で健診を受け、現状把握、治療(必要性・時期など)について相談し
ておくと安心ですね。当院では、様々なご相談もお受けしていますので、お気軽に
お越しください。

親知らずは必ず抜かないといけないものなのでしょうか?

親知らずは前から数えて8番目の一番奥の歯で、最後に生えてきます。日本人の顎
は欧米人に比べて小さく、最後に生える親知らずの歯は生える場所が狭くなってし
まうため、正常な位置に生えない事が多くなってしまいます。そのため、むし歯に
なったり歯肉が腫れる事がよくあるので、抜歯する事が多くなる、というわけです。
ですから、正常に生えた親知らずは他の歯と同様に扱いますので、必ずしも親知ら
ずを抜く必要があるとは言えません。ただ、一番奥ということもあり、磨き残しが
多くなってしまいがちなので、しっかりと歯磨きをしましょう。

小学校4年生の男の子ですが、歯並びが悪く精密検査を受けるよう、
学校から手紙をもらってきました。
実際、いつごろから矯正治療を受けたら良いのでしょうか?

個人差がありますので、お口の中を見ないと分かりませんが、通常の男の子の場合
は永久歯に生え変わる小学校6年生から中学校1年生位に矯正治療を始めるのが良
いと思います。但し、受け口の子供は早く治療を始めるのが原則です。万一、手遅
れにならないために半年毎に健診を受けると良いでしょう。

お母さんたちの間で「フッ素塗布」という言葉を耳にします。
本当にフッ素塗布はむし歯の発生をおさえるのに有効なのですか?

フッ素塗布は有効と言えます。フッ素の働きは1.歯の質を丈夫にする。 2.口の中
の細菌の作用を弱める。3.できはじめの小さなむし歯(要観察歯、CO)を再石
灰化する。以上のような作用があり、むし歯の発生をおさえます。1年に3、4回
フッ素塗布をされると良いでしょう。またフッ素塗布は、脱脂綿などによる塗布よ
りも、イオン導入法による塗布の方がフッ素が歯にしみこみ易く、さらに有効だと
言えるでしょう。

インプラントをしたいと思っているのですが、手術は痛くないですか?
また、どのくらいの時間がかかるのですか?

手術は通常の麻酔で充分な程度ですので、全く痛くありません。また、手術時間は
インプラント1本につき15分程度で済みます。親知らずを抜歯するより簡単な手
術ですのでご安心ください。

60才の男性です。右下の奥歯3本がありません。以前、入れ歯を入れたのですが
気持ちが悪いのと、痛くて噛めないため使っていません。
インプラントを入れたいのですが大丈夫でしょうか?

インプラント(人工歯根)は取り外しせずに自分の歯のように噛めますので、入れ
歯に抵抗のある方には有効的です。しかし、全身的には重度の糖尿病や骨粗しょう
症の人など、また顎の骨の不足などで手術できない場合がありますので、レントゲ
ン撮影を行った上で最終的に判断したほうが良いでしょう。

インプラントが良いことはわかっているのですが、費用のことが心配です。
手術にはどれくらいの費用がかかりますか?

残念ながら現在のところインプラントには保険が適用されません。当院でのインプ
ラント手術料は1本15万円です。しかしながら、自分の歯と同じようにしっかり
噛めるということは、食物を砕くという目的以外にも、左右バランス良く噛むこと
で全身にも良い影響を与えるという意味でも大切なことなのです。

50才です。この頃歯ぐきがよく腫れますが2、3日で治まります。
歯周病が進んでいるのでしょうか?

歯周病を進行させる細菌は、歯と歯肉の間の歯周ポケットという溝にいて、仕事が
忙しいときなど、体の抵抗力が弱まった時に腫れてきます。この方のように、腫れ
を繰り返している状態では、歯は抜け落ちるか、抜歯をする事になります。かなり
進行してしていると思われますので、すぐに治療を始める必要があります。

黒ずんだ歯茎をどうやってピンク色にするのですか?
薬剤を塗る方法もありますが、当クリニックではメラニン色素が沈着して黒くなっ
た歯肉を減らす簡単な手術を行います。麻酔をかけるので痛みはありませんし、術
後1ヶ月でピンク色の歯茎がよみがえります。

歯周病にならないための有効的な予防方法はありませんか?
50才を越えると抜歯する原因の半分以上は歯周病によるものです。また、抜歯す
る歯が急に多くなってしまいます。予防法として決定的なものはありませんが、毎
日の徹底した歯磨き(歯間ブラシを含む)と1年に3回程度の歯石除去が大切です。
歯周病の患者さんの中に「毎日歯を磨いているのに・・」と言われる方も多いので
すが「磨いている」のと「磨けている」のは違うのです。歯科衛生士に正しい磨き
方を教えてもらってください。また、糖尿病その他の全身疾患が歯周病を進行させ
ることがありますので、全身のチェックも必要です。

ホワイトニングってなんですか?

クリーニングの後、歯の表面に薬品(漂白剤)を塗り、光と化学反応を起こさせて
白くするのがホワイトニングです。口を開けたときに見える上下の前歯6本〜8本
に行えば、たちまちのうちに誰からも好印象を持たれる白く輝く歯に変身できます。

漂泊しても白くならない場合は?

その場合は「ラミネートベニア」という薄いセラミック製の膜を歯の表面に貼りま
す。この技術では歯を白くするだけでなく、歯と歯の隙間がなくなるように貼って、
いわゆる「すきっ歯」を直すこともできます。

どんな人でもホワイトニング可能でしょうか?
ほとんどの方が可能です。しかし、それほど効果がない場合もあります。歯科医師
による診査や診断により、あなたがホワイトニングの適応症かどうかを判断します。
デュアルブリーチング は健康な天然歯を白く輝かせるのに適しています。

効果はどのくらい持続するのでしょうか?

個人差にもよりますが、処置前の状態に戻ることはありません。しかし、カフェイ
ンやタバコなど着色の原因になるものを日常的に摂取している場合は、再度ホワイ
トニングが必要になりますので、定期的に歯科医師による診査や診断を受け、継続
的に使用してください。

歯を白くするにはどうしたらいいですか?

歯を白くするにはクリーニングとホワイトニングがあります。 クリーニングはコー
ヒー、お茶、たばこなどの色素の汚れを歯科用の研磨材を用いてきれいにする方法
で1年に1回ぐらいの割合で歯のチェックアップとしておこないます。1回20分
程度の時間をかけて行います。

歯並びが悪いと無理ですか?
歯並びが悪くてもホワイトニングはできます。ただ、虫歯があったり、詰めてある
ものが合っていなかったりすると、そのままではすぐに漂白することができない場
合があります。歯並びが悪い場合は逆に歯が白くなると、歯並びの悪さが漂白によ
って目立たなくなるという効果もあります。

歯石が付いていてもできますか?

やはり歯石はきれいに取って、歯茎が健康になってからのほうが良いでしょう。ま
た、歯石が多く付いているようでしたら、磨けていると思っていても歯ブラシがう
まくできていない可能性もあります。その結果、歯の表面に色素(ステイン)が付
着しているだけにすぎないかもしれません。その場合、ティース・クリーニングで
歯の着色を取ることで、本来の白さを取り戻せるかもしれません。

削ったり、神経を取らないのですか?

新しい歯のホワイトニングは、歯の表面に漂白剤(ブリーチング・ジェル)をのせ
てアルゴン・レーザーを照射し、漂白剤を活性化させ漂白を行います。そのため、
歯の神経を抜いたり、削ったりする必要はありません。

治療している歯があってもできますか?

歯の漂白は、治療している、していないに関わらず、自分の歯の色自体を漂白する
方法です。ですから治療している歯があっても、自分の歯の色を漂白することは可
能です。 さらに、セラミックの差し歯を入れるような治療の場合でしたら、治療
前に差し歯をする他の歯をホワイトニングをすることをおすすめします。差し歯は
周囲の歯の色に合わせて製作いたしますので、まわりの歯が着色した状態で差し歯
を作り、その後でホワイトニングをしますと差し歯だけ元の色ですので、色が違っ
て見えてしまいます。(差し歯はホワイトニングできません)どうせセラミックの
美しい冠を入れられるのでしたら、ホワイトニングをされてから差し歯を入れられ
る方が、差し歯の価値も上がるのではないでしょうか。

副作用はありませんか?
一般的ですが、治療期間中に知覚過敏(歯がしみるような症状)が起こる場合があ
ります。その場合も治療を中断することにより症状が軽減するか消失しますので、
安心して使用することができます。

安全に使用することができますか?

はい。過酸化尿素を用いる歯のホワイトニングに関しては多くの研究と臨床例が報
告されており、また歯科医師の適切な指導のもとで使用すれば、歯や歯肉に悪影響
を及ぼすことなく安全に使用することができます。

ホワイトニングを受けるまえの注意は?

エナメル質に亀裂のある歯はホワイトニングに適しませんが、治療をすればホワイ
トニング可能になりますので、担当医にご相談ください。不適合なつめ物などがあ
る場合はその治療を優先する必要があります。

ホワイトニングを受けたあとの注意は?
タバコや、コーヒー、コーラなどは歯に色がつく場合がありますので、なるべくひ
かえるようにしてください。個人差はありますが、ホワイトニングは「あともどり」
がおこる可能性があります。再度ホワイトニングすれば回復できますが、白く美し
い歯をたもつためにも定期的に検診を受けることをおすすめします。